マコなり社長(真子就有)の正体はナンパ師サクマ?炎上身バレを恐れてアカウント削除?「持ち帰りの教科書」なる情報商材を販売で1ヶ月30人以上お持ち帰り?経歴詐称や胡散臭い怪しいと言われる理由は?ネット上の疑惑を徹底考察してみた!

Pocket

考え方やマインドセットについてを中心にビジネス系YouTuberとして活躍しているマコなり社長(真子就有さん)。

 

イケメンであり会社の社長であることから、YouTubeでも100万人近い登録者を獲得するなど人気のYouTuberです。

 

そんなマコなり社長ですが、2021年6月2日に経営する会社「div」にて社員を大量にリストラすることを発表した際、「この状況を自分自身の責任として受け止めなさい」と元社員たちに自己責任論を暗に伝える発言をして、大炎上していました。

参考:マコなり社長の社内スピーチがYouTubeに流出「大量リストラの責任を取れ」とリーク者憤慨

 

そんなマコなり社長ですが、今回の炎上の余波で「マコなり社長とナンパ師サクマは同一人物ではないか?」との疑惑が浮上しています。

 

Googleの検索サジェストでも「胡散臭い」「怪しい」「経歴詐称」「嘘つき」などと検索されているまこなり社長ですが、果たしてナンパ師疑惑は本当なのでしょうか?

 

今回はそんなマコなり社長のナンパ師疑惑についてまとめてみました。

マコなり社長のwiki風プロフィール(推定含む)

■本名:
真子就有(まこゆきなり)

■生年月日:
1989年9月18日

■居住地:
東京都渋谷区?(ラトゥールという高級タワーマンション在住の疑惑あり)

■出身地:
福岡県福岡市

■大学・学歴:
青山学院大学理工学部

■職業:
株式会社div代表取締役社長
マコなり社長(YouTuber)
ナンパ師サクマ?

そもそもナンパ師サクマって誰?

ナンパ師サクマは、note、TwitterやYouTubeをメインに情報発信をしていたナンパ師です。

 

画像のように、1週間毎日ナンパするなどナンパ活動に精力的であり、月30人以上も女性をナンパでお持ち帰りしていたようです。

 

なお、ナンパ師サクマは最盛期には登録者2万人を誇る有名YouTuberであり、noteでナンパテクニックの情報商材を有料販売していました。

 

なお発信内容自体は推し並べて好評だったようです。
(良い評価も悪い評価もありました)

■ナンパ師サクマに関するクチコミ(良い評価)

■ナンパ師サクマの情報教材を購入したYouTuberがその中身をYouTubeでレビューしていました(酷評)


引用:ナンパ師のnote買ってみたwww

 

ネットの情報によるとナンパ師サクマは2020年9月時点で4年ほどナンパ活動をしており、その後2021年2月ごろまでは活動の痕跡が見えます。

 

しかし、その後どこかのタイミングでYouTubeやnoteを含む全てのアカウントを削除してしまい、インターネット上にほぼ記事なども残っていないなど、あらかた痕跡は消えてしまいました。

 

現在ではそのすべての情報にアクセスできません

なぜナンパ師サクマがマコなり社長と同一人物だと言われているのか?

 

大きく5つの理由があります。

1つ目:ネット上で同一人物だという噂が複数あるから

 

おそらく実際に合流してナンパしたことある人や、ナンパ師サクマの元講習生か何かがリークをしたのかもしれません。

 

これは真偽不明ですが、いずれにしてもそう言った書き込みが散見されます。

 

見た限り、一部の人は確信を持って書き込んでいるようです。

■マコなり社長のナンパ師疑惑:

 

※追記:本記事公開後、マコなり社長はサクマではない、というツイートや記事が2-3投稿されているのが確認出来ました。とはいえ「別人である証拠」が記載されているわけではないですし、投稿者がナンパ師界隈の方のみみたいですので、この記事を見たマコなり社長ご友人のナンパ師たちによる火消しである可能性もありますし、本当に別人の可能性もありますし、その真相は不明です。

2つ目:声や輪郭、体格、喋り方のそのすべてが似ているから

 

ナンパ師サクマ情報商材を購入した方のnoteの書き込みを引用します。

ナンパ師サクマという人がいまして、きつねのお面つけて、ナンパのやり方をレクチャーしてた方がいたのですけど、その人の喋り方が、マコなり社長そっくりなんです。間とか抑揚とか、言葉のワードとか、話の構成とか、手のフリとかマコなり社長そっくりなんです。

 

私も昔、構成作家をしてまして、最初はうまい人や面白い人の話、テープにとって、書き起こして何十回も聞いて、口調もマネして、どうゆう仕組みになっているか研究してからネタ書いたり、企画書いたりします。すると、今までう~ん、だったのが、急にウケてそれおもろいやん!になりますので、最初はマネから入りますけど、実際マネしてもそこまで似ない

 

いくらナンパ師サクマさんがマコなり社長にあこがれても、マコなりさんポイしゃべりだね、言われるくらいでそこまで似ません。唯一違うところは、マコなり社長よりも声がくぐもっているなぁ、と、思ったけどお面かぶってるので、声がくぐもってるわけです。

引用元:マコなり社長喋りが瓜二つ?ナンパ師サクマの情報商材買ってしまった!現在はすべて削除!黒歴史?どうして?

 

このように喋り方が似ており、また動画を見ている人も同一人物だと認知するほど似ていたようです。

実際、以下のように並べてみると、耳の形も非常にそっくりであることがわかります。

 

拡大してみると分かるのですが、耳の下の部分を除けば、全て非常にそっくりです。

■耳の形が似ている

なお、耳の下の部分だけ、マコなり社長は顔になだらかに繋がっており、ナンパ師サクマの方は顔に対して直角に接しているため、一見別人かのように思える要素もあります。

 

しかしながら、ナンパ師サクマの現存するネット上の画像は全て「YouTube動画のサムネイル」であり、フォトショップ(画像加工ソフト)で背景と合成されたものです。

 

これは推測にはなりますが、ナンパ師サクマとして活動するときのみ、耳の下の部分を意図的に切り抜いた画像を使用して(もしくは背景と合成するときに耳の下も一緒に消して)、YouTubeのサムネイルにしていた可能性があります。

 

動画の場合はそこまで加工出来ないので、正しい耳の形が出ていたはずです。

 

マコなり社長は非常に賢いこともあり、あくまで推測にはなりますが、もし同一人物なのであれば、リスク管理として同一人物説を否定できる根拠を残していたのかもしれません。

 

こう考えると、全ての動画は削除されておりアクセス出来ないので、動いているナンパ師サクマの耳の形を確認できない現状、皆が確認出来るのはYouTube動画のサムネイルだけになりますから、他の情報は削除しているのに、なぜかサムネイル画像のキャッシュ情報を削除していないことに関しても整合性が取れます。

 

実際、マコなりさんのようにこれだけ特徴的な形をしている方は少ないので、特徴的な大部分が一致している以上、同一人物である可能性は高そうですよね。

 

一方で、もみあげの高さも少し違うなど、本当に別人だから異なっている可能性もあり、あくまで推測の域は出ません。

 

非常に疑念が深まるポイントとなりました。

■首の長さもそっくりで、撫で肩の体格もそっくり

 

 

3つ目:仮メンタリストえるとの絡み

 

この記事で紹介したように、恋愛系YouTuberである仮メンタリストえるさんは、マコなり社長が経営する会社「株式会社div」の執行役員であると推測されます。

参考:仮メンタリストえるはなぜ消えた?正体は本名平田裕哉でマコなり社長の会社(株式会社div)の従業員で執行役員?出身大学は駒澤大学?年齢や消えた理由など詳しい情報をwiki風に徹底検証してみた。

 

こちらもあくまで推測の域は出ませんが、もしマコなり社長が恋愛活動に精を出しており、ナンパ系YouTuberとして情報発信をしていたとすると、恋愛系YouTuberとして情報発信をしていた仮メンタリストえるさんと馬が合う可能性は高く、その結果として意気投合して自分の会社「株式会社div」に仮メンタリストえるさんを登用した可能性もありそうです。

 

またマコなり社長は過去に「結婚相手は複数人でいい」という動画をYouTubeにあげていました。

 

このことからTwitter上でナンパ師の方から「考え方はナンパ師」とコメントされるように「ナンパ師寄りの考え方をしている」のも、推測根拠にはなってきます。

 

4つ目:マコなり社長自身が「最速で年収1000万円を超える方法」の事例に「SNSをフル活用したナンパコンサル」を挙げている

 

この投稿は2018年、マコなり社長がナンパ師サクマであれば、ナンパ師として活躍していた全盛期かと思いますが、なんと稼ぎ方の事例として

 

①ナンパ1000人という実績を作る
②そのノウハウをブログやSNSをフル活用して配信
③ナンパアドバイスをして1人から50万円〜を貰う

 

と記載されていました。

 

■ご本人がナンパで稼ぐ方法を事例として発信:

 

他にも例がある中で、この例を選んでいること自体、漏れ出ているものを感じられる気がしますし、ここまでケーススタディが詳細で具体的であることからも、ご本人が実践して成功体験として持っているからではないか?という感想を覚えました。

 

5つ目:ナンパ師サクマのアカウントを削除したから

 

普通に考えれば、万アカ(=1万人を超えるSNSアカウント)を保持しており、YouTubeや情報商材で収益化出来ている人が、そのスキームの全てを削除することは非常に考えづらいです。

 

仮に活動をやめるにしても、YouTubeも情報商材も放置しておけば収入が入ってくるので、消す必要はなく、放置で良かったはずです。

 

よって、わざわざ消す合理的な理由は何かと考えれば、「その収入を犠牲にしてでも消したい理由があった」からでしょう。

 

ではその「消したい理由」は何か。

 

ナンパ活動をしているのであれば「彼女にバレたから消した」というのもあり得なくはないですが、フォロワー数や情報商材の販売数から逆算すると、一般的な会社員の収入を上回るであろう収益を上げていたコンテンツを消すのは非常に考えづらいです。

 

普通の人であれば

「もうナンパはしないから」
「お金入ってくるから放置する」
「半分あげるからさ」

などとでも言い、更新はやめても、削除は回避するのではないでしょうか。

 

従って、ナンパ師サクマとしての全ての情報を削除するメリットがある人自体、「それ以上稼げており、なおかつ消すことでメリットがある別の活動をしている人」になるわけで、つまるところ日本人全体の0.01%以下に絞られるわけです。

 

では、ナンパ師サクマをマコなり社長だと仮定すると筋が通るのか、一度考えてみましょう。

 

実際、現時点ではマコなり社長としての知名度も権威性も拡散力も収入も、ナンパ師サクマを上回っていますから、マコなり社長としての印象を毀損しないために「ナンパ師サクマ」としてのアカウントは消した、こう考えると、確かに筋が通っているような気がします。

 

なお、これに関し、ネットの書き込みにこんな情報がありました。

実際そのときマコなり社長の登録者が5万ほどで、ナンパ師サクマが1万くらい、最終的に2万までいきました。

サクマさんのコメント欄にも、マコなり社長ですよね!ナンパに社長業に忙しいですね!という、コメントが多くなってきて、知ってる人は周知の事実でお互いの更新を楽しんでました。

引用元:マコなり社長喋りが瓜二つ?ナンパ師サクマの情報商材買ってしまった!現在はすべて削除!黒歴史?どうして?

 

ここからも「マコなり社長の登録者が5万人くらいだったとき、ナンパ師サクマの登録者は1万人ほどだった」のであれば、マコなり社長としてのアカウントを育てた方が得という判断をしてもおかしくなさそうという推測が成り立ちます。

 

ちなみに、ナンパ師サクマの情報はネット上から徹底的に消されていますが、その削除の方法もかなり徹底しており、この記事の冒頭で書いたように「ネット上にナンパ師サクマの情報がほぼ見つからない」状況です。

 

「マコなり ナンパ師サクマ」と検索してみると

※補足:また、ナンパ師サクマが自分の情報を消したいのだとして「マコなり社長 ナンパ師サクマ」で検索した検索結果まで削除する意味はない気がしますね。もしマコなり社長がナンパ師サクマでないのなら。

 

このように、誰かがネット上の記事に削除申請をしていたであろう状況も確認できます。

 

そこまでするということは

・身バレ防止のために先回りして削除申請をするという知見があった(ある程度頭が良い可能性)

・そこまでしてでも徹底して削除したい(それほど守りたい何かがある可能性)

という推測が成り立ちます。

 

実際、先ほど推測根拠1で紹介した「マコなり社長がナンパ師サクマと統一人物だという噂」も、これだけ大物なのであればもっと書き込みがあってもいいはずが、意外と決定的な書き込みが見当たらず、中途半端な推測ばかりが残っていました。

 

これも、推測にはなりますが、手間や効率の観点からマコなり社長側が決定的な情報だけを集中して削除した(逆に誤認を促せそうなサムネイルなどは残した)、とも考えられないでしょうか。

 

書き込みがTwitterに多いのも、下手に削除依頼をしてしまうと、相手方が削除依頼をされたことを面白がってネットに書き込んでしまったりする可能性もあるため、Twitterなどの書き込みは問題ないものはなるべく放置したのではないでしょうか。

 

したがって、これらの状況から、状況証拠がほとんどであるため、全くもって確定は出来ませんので、あくまで1つの想像としてこの記事は読んで欲しいのですが、マコなり社長の正体はナンパ師サクマである可能性は高いのではないかと個人的には考えています。

 

Googleのサジェストに「胡散臭い」「怪しい」「サイコパス」などのワードが出てくる理由として、「uncommon(アンコモン)」や「inside stories(インサイドストーリーズ)」などの有料サービスの展開が原因なのかと私は当初思っていました。

 

しかしもしかするとこのナンパ師疑惑が原因で、こういった検索がなされていた可能性もあるかもしれません。いずれにしても、ナンパ師サクマの情報がほぼ残っていない以上、全てはあくまで推測に過ぎず、真相は闇の中です。。